気分の落ち込み

プロポリスには、気分の落ち込みや自律神経を整える働きがあります。
気分の落ち込みは、ストレスが原因になっている場合が多くあります。、長い間ストレスを受け続けると自律神経失調を起こすことも。
そのような症状が引き起こされる仕組みや、プロポリスの体への働きについて解説しています。

ストレスによって自律神経失調症になるのはなぜ?

ストレスがかかると、感情が沈んできます。気分が落ち込んで、なかなか回復しない状態は、誰しも経験があるものです。

通常は、自分なりの気分転換などで解消できるのですが、強いストレスのかかる状態に置かれていると、自律神経の働きが乱れてしまいます

それによって、感情をコントロールする働きをもつ物質セロトニンやノルアドレナリンが減り、日常生活に支障をきたすことも。

自律神経失調症で出てくる症状は人によって異なりますが、頭痛や不眠、作業効率の著しい低下、倦怠感から動悸、胃腸の不調など、様々な症状が引き起こされます。

プロポリスに含まれるフラボノイドが自律神経の働きを整える

自律神経失調症の一般的な治療は、抗うつ薬でセロトニンやノルアドレナリンを増やす薬の投与です。
薬には、副作用があったり、治ったあと薬を止める際、禁断症状に苦しんだりする場合があります。

薬を使わずに自律神経を整えて気分の落ち込みを改善したい場合は、プロポリスが有効です。
プロポリスには豊富に含まれているフラボノイドは、乱れてしまった自律神経の働きをおだやかに緩和し、バランスを整える効果があります。

植物由来の成分が体内に“森林浴”をしているような効果をもたらせてくれます。免疫力を強める作用もありますので、継続して摂ることにより、ストレスに強い体をつくっていきます
自律神経が乱れたら、休息も大事。サプリメントを取り入れつつ、睡眠を十分に摂り、適度な休息をとりながら、ストレスと上手に付き合っていくことが肝心です。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る