花粉症

今や現代病とも言われている花粉症。花粉症対策には、プロポリスの摂取が良いと言われる理由を説明します。

プロポリスが花粉症におすすめの理由

日本人の3割以上が悩んでるとされる花粉症。プロポリスには、花粉症を和らげる働きを持つ成分が含まれています

そもそも、なぜ患者がこんなに増えてしまったのでしょう?

まず考えられる大きな理由は、日本人の免疫力が昔より落ちているからです。

クシャミや鼻水、のどの痛みなどの諸症状は、体内の機能が「悪影響を及ぼすもの」と判断し、防御する反応です。この時に、分泌されるヒスタミンが、鼻や喉の粘膜に炎症を起こしてしまいます。

花粉症は薬で症状を抑える対処が主ですが、のどの渇きや眠気の副作用があり、仕事の効率を下げてしまうことが往々にしてあります。
鼻の粘膜を焼き、通りを良くする方法もありますが、対症療法の一つに過ぎません。

またストレスも大きな原因です。人間関係、生活環境、そして劇的に変わりつつある自然環境。

現代人には、つねに体にストレスがかかりやすい状態です。ストレスは免疫力を低下させ、生命力を低下させてしまいます。

そこで取り上げたいのがプロポリスの効果。プロポリスに含まれている成分「ケルセチン」は、強い抗炎症効果を持っています

また、自律神経の乱れを整える抗ストレス作用をもつ成分の力により、疲労した心身を正常な状態に戻し、ナチュラルに花粉症を克服していくことができます。

プロポリスが花粉症に効くメカニズム

プロポリスの成分には、フラボノイドがたくさん含まれています。フラボノイドは植物に多く含まれており、外敵や細菌から植物自身を守るために作られたものです。

そんなフラボノイドは、人間に対しても強い抗炎症作用があります。

例えば、鼻の粘膜の炎症を抑えたり、神経過敏になっている鼻の粘膜を安定させたりします。殺菌作用によって、二次感染を防ぎ、花粉症の原因に直接働きかけることが期待できるのです。

さらにプロポリスに含まれる多糖体による粘質が、鼻の粘膜に貼りつき、薄い膜のようなものになるため、かゆみや痛みが和らぎ、外からの刺激からも守られます。
その他の有効成分、ジデルペンは、炎症を起こして傷ついた細胞を正常化を促す働きがあると言われています。

花粉症は人間が持つ免疫システムに、過剰に反応するアレルギー症状の一種ですが、プロポリスはこのようなアレルギー症状を抑える働きをし、さらに免疫力を高める力も持っています。

花粉症で悩まれている方は、プロポリスを使用してみましょう。

どれぐらい摂取すれば効果があるのか?

プロポリスは、1日に300㎎摂取するのが目安です。商品の種類や品質によって目安量は異なるので、購入したプロポリスの用法や用量をしっかり確認するようにしましょう。

プロポリスはハチミツやレモンなどの、ビタミンCと一緒に摂取するとより効果を期待できます。
液体化されたプロポリスの場合だと、自分の好きな飲み物に混ぜて飲むことができます。スムージーや牛乳、果物ジュースや野菜ジュースに決められた量を入れて混ぜるだけです。
美味しく飲める上に手軽に摂取できるため、継続しやすくなります。

また、中には直接プロポリスを口に入れる方もいます。そうすると後片づけをする必要がないので、洗い物をせずに済みます。

プロポリスを飲む時間帯は基本的に決められていませんが、食後に飲む、寝る前に飲むなどをして習慣をつけるようにすると、飲み忘れを防ぐことができます。

プロポリスは、自然由来の天然の抗生物質と言われるほど効果があります。気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか。

毎シーズンの花粉症対策としてプロポリスは継続して摂取

健康食品と医薬品を混同し、サプリメントを飲んですぐに効果を期待したり、良くなったからと服用をやめてしまう方が多いようです。

医薬品は病気を治療するためのもの。用法用量を守り、限られた期間に服用します。
対してプロポリスは医薬品ではありませんので、服用期間は特に限られていません。服用量も目安です。また、一日飲んだらすぐ効くわけではなく、続けて摂っていくうち、だんだんと体が本来持っている機能を、優しく穏やかに呼び覚ましていきます

次のシーズンにも効果があるよう、続けて摂って体のチカラをつけておきましょう。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る