リウマチ

ここでは、リウマチの症状をプロポリスで軽減できる理由について、実例を交えて説明していきます。

リウマチの腫れや痛みの原因は?

リウマチはゆるやかに進行する病気です。食欲不振、だるさ、熱っぽさなど風邪のようなハッキリしない不調が続き、やがて朝の寝起き時や動き始めの時、手指や膝などの関節がこわばる症状があらわれはじめます。

初期の頃は、関節を動かすうちにこわばりは消えますが、だんだんと関節のこわばりや痛みを感じる時間が多くなり、関節の変形や血管・肺・目の炎症など、症状が全身に及び、重症化すると日常生活を送ることがきびしくなってくるのです。

症状を引き起こす大きな原因の一つは、体内機能の異常。本来は外敵から体を守るために攻撃を行う免疫の力が、逆に体の正常な組織を攻撃してしまい、炎症を引き起こしてしまうためです。

症状をやわらげるプロポリスの効用

症状を軽くするには、無理のない範囲で関節が硬直しないよう適度な運動を行うリハビリテーションと、抗炎症剤や免疫抑制剤による治療が一般的です。

進行を防ぐために使える健康食品として筆頭に挙げられるのがプロポリスです。正しく働かない体内の機能にかわって、外から侵した菌の殺菌や抗菌をして、現状悪化を防いでくれる働きがあります。いわゆる「治療薬」ではありませんが、ゆるやかに現状維持できる分、心にも余裕ができるはず。じっくりと専門のお医者様に相談し、根気強く治療を進めていくことができます。

リウマチに上手にプロポリスを利用した実例

30代女性。20代でリウマチを発症し、一度軽減したが出産後に再発。通院、投薬を受けながら治療を受けていました。プロポリスを飲んで3ヶ月が経った頃から痛みがなくなってきて現在は通院していませんが、プロポリスは継続中。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る