胃炎

胃腸の悪玉菌、ピロリ菌を撃退して胃炎を予防するために、プロポリスはとても良い仕事をしてくれます。

ピロリ菌という悪玉菌が胃の病気を招く

胃炎や胃潰瘍のもととなるピロリ菌は、日本人の二人にひとりが保菌しているといわれる菌で、ウレアーゼという酵素が胃の中の環境を荒らし、直接粘膜を傷つけたり炎症を引き起こしたりします。胃潰瘍患者の80%以上、十二指腸潰瘍の90%以上の人が、この菌に感染していることがわかっています。

一度感染すると、自然消滅することなくずっと体内に住みつづけるため、治療には抗生物質や酵素活性阻害薬による除菌が行われます。除菌治療で悪玉は消えますが、善玉菌も道連れにされてしまい、胃腸内環境への影響は避けられないところです。

プロポリスの天然抗菌成分が胃の環境を守る

そこで着目されたのがプロポリス。胃の中の環境を壊してしまうウレアーゼの機能をプロポリスの成分が阻害し、ピロリ菌を撲滅する働きがあるといわれています。

豊富に含まれるフラボノイドは、悪い菌の増殖を抑えるだけでなく、体に吸収されてから体内の代謝を活発にし、強い胃腸をつくる手助けもしてくれます。

胃潰瘍をプロポリスで克服した方の口コミ

80代女性。胃潰瘍と診断されてから12年以上経過している。手術を勧められていたが、心臓が悪いため自信がないということで、処方薬で症状を抑えてい た。薬の服用を止め、プロポリスだけを6週間投与した結果、症状が軽減、X線検査により潰瘍が治っていることがわかりました。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る