糖尿病

ここでは、糖尿病の予防や改善にプロポリスが選ばれている理由を、病気の原因や改善方法を交えながらご説明します。

知っているようで意外と知らない病気・糖尿病

患者数は全国で約720万人、予備軍は約2200万人いるといわれているほど多いのに、「おしっこに糖が出る病気」という程度しか認識していない方も多いのでは?

確かに、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きが悪くなって血液中のブドウ糖が多くなる「高血糖状態」がこの病気の大きな特徴ですが、問題は、この病気は悪化すると深刻な合併症を引き起こすという点です。

血糖状態になると、のどの渇き、だるさなどの症状があらわれ始め、やがて全身の血管や神経が傷ついて、網膜、腎臓。神経など、全身のさまざまな器官に合併症が起こります。失明したり、足を切断したり、人工透析が必要になったり…。克服するには、お医者様の診断を受け、症状が軽いうちからきちんと治療を受けること。また一番の対策は「予防」です

インスリン抵抗性を改善するプロポリスの効用

一度発病すると完治が難しい糖尿病は、発病前の状態で食い止めることが肝心です。そこで期待されているのが、実はプロポリスです。最近の研究結果により、プロポリスがインスリン抵抗性の悪化を防ぐ働きがあることがわかってきました。

発病予備軍の患者さんの多くは「インスリン抵抗性」の低下が起きています。通常、インスリンが分泌されると肝臓や筋肉などが察知し、血液中のブドウ糖を取り込みますが、インスリン抵抗性低下が進行すると、筋肉や肝臓がブドウ糖を取り込まないため血糖値が下がらず、やがて発病につながります。

生活習慣の改善も必要ですが、サプリを上手に使って健康な体をずっとキープしたいですね。

プロポリスを使って病気と上手に付き合っています

50代男性。人間ドックで血糖値測定の値が基準値をだいぶ上回っていることがわかって驚きました。

このままでは糖尿病になるかもしれないと思い、甘いものを食べない等の食生活改善をしながら、以前から本で読んで興味を持っていたプロポリスを試しに服用してみると、3ヶ月でHbA1cが基準値に戻り、ほっとしました。これからも予防のため飲み続けるつもりです。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る