蓄膿症

ここでは、蓄膿症の症状に対するプロポリスの効果を、実例を取り上げながらご紹介していきます。

蓄膿症の原因と症状について

鼻の奥にある細い空洞「副鼻腔」が炎症を起こすことを副鼻腔炎といい、副鼻腔炎が慢性化した状態を、一般的に蓄膿症といいます。

鼻の奥に膿が溜まっているために、鼻はつまるし、臭いし、頭痛や顔の痛みなど、日常的に頭の周囲がいつも不快で、患者さんにとってはとてもつらい!できれば一刻も早く治したいですよね。

蓄膿症になってしまうのには、以下の理由が考えられます。

・風邪やインフルエンザ
・アレルギー性鼻炎、花粉症
・虫歯
・生まれつき鼻の奥が曲がっている(遺伝)
・鼻を強くかんでしまう

ばい菌が副鼻腔に入ってしまっても、体の抗菌力が強ければ急性的に炎症を起こすだけで、やがて治ります。慢性化してしまうのは、体の抵抗力が落ちているからです。

パワフル抗菌力で膿とサヨナラ

抗菌効果の高いフラボノイドを主成分とするプロポリスを摂ると、体内に悪い菌が繁殖しにくい環境をつくり、やがて鼻粘膜の炎症が鎮まっていきます。

また、続けて摂ることによって徐々に菌に強い体内環境が定着。粘膜が感染に強くなるので、副鼻腔炎になっても慢性化せず、蓄膿症を繰り返すことも少なくなります。

プロポリス体験者の口コミ

50代、女性。若い頃から鼻の中に膿が溜まりやすく、鼻水だけでなく頭痛と鼻骨の痛みに悩まされてきた。手術を勧められたが怖いので断り続け、毎日鎮痛剤でおさえ、我慢していました。

粘膜の化膿にいいとプロポリスを勧められたので飲み始めました。数ヶ月なにも効果を感じなかったのでやめようと思ったが、だんだんと鎮痛剤を使う回数が減り、飲み始めて2年たった現在は痛みを感じない時間が増え、鎮痛剤も月1~2回程度使う程度に減っています。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る