プロポリスの種類

プロポリスには、赤色と緑があります。色が違えば、含まれる成分や効果も異なってくるのです。それぞれに焦点をあてて解説しています。

赤色プロポリスは女性の強い味方!

植物成分からつくられるプロポリス。葉緑素の色のイメージ通り、一般的に原料は緑色をしているものが多いのですが、最近、赤い色の原料も利用されるようになっています。

摂れる場所が限られ、生産量もたいへん少ないため、あまり知られていない赤プロポリス(レッドプロポリス)について、ちょっと調べてみました。

赤プロポリスは、ブラジルの東側に位置するマングローブ自生林の近く、「ダルベルジア」というマメ科の樹木からつくられます。

ダルベルジアの樹液は名前通り、きれいな赤い色。抗酸化成分が豊富という点がプロポリスの特徴ですが、赤プロポリスは特にそのパワーが強力で、緑茶と比較すると650倍もの抗酸化成分を含んでいるといわれており、体の老化を防ぎ、炎症を鎮める作用が期待できます。眼睛疲労を回復させる効果のあるアントシアニンも含まれています

さらに、ホルモンバランス調整やコラーゲンの産生を促進する作用、美白効果など、美容に良い素材としても注目されています。女性にとっては見逃せないですね!

赤色プロポリスの基礎知識

世間的にまだまだ知られていないことの多い赤プロポリスの秘密をさらに探ってみましょう。

赤プロポリスの起源植物

赤プロポリスの起源植物であるダルベルジアは、マメ科の植物で樹液が空気に触れると赤くなるという特徴を持っています。

ダルベルジアは赤プロポリスが摂れる起源植物の代表的存在として知られていますが、他にも赤プロポリスが摂れる植物としてマンゲ・ヴェルメーリョやアロエイラなどの起源植物も存在します。

ちなみに、これらもダルベルジア同様、生息地域が限られた希少な植物です。

赤色プロポリスはとにかく希少!

摂れる場所が限られ生産量もかなり少ない赤プロポリスですが、具体的にどのくらい少ないのでしょうか。

プロポリスの生産地として有名なブラジルは、年間25トンものプロポリスを生産しています。その中に赤色プロポリスがどれだけの量が入っているかというと、たったの数百キロ。

仮に1,000キロ、つまり1トン分摂れたとしても、全体の5%にも満たない量しか摂れないのです。それを考えると、いかに赤プロポリスが希少であるかが分かります。

レッドプロポリスが赤い理由

赤プロポリスは、名前の通り赤い色をしています。植物成分から作られ、通常緑色であるはずのプロポリスが、なぜ赤色の状態で作られるのでしょうか。

実は、赤プロポリスが採取できる植物は、ダルベルジアを含め全て内側が赤い色をしているのです。

採取したときは緑色で、後から色味成分を加えて赤色に……ということではなく、元々赤色の原料をしているからから赤プロポリスが生まれるんですね。

赤プロポリスが通常のプロポリスよりも優れている点

エイジングケアや眼精疲労の回復効果に優れた赤プロポリスは、一般的なプロポリスと比べて優れた部分をたくさん持っています。

例えば、フラボノイドの量です。大手製薬会社である小林製薬の調査によって、フラボノイドの定量試験を行った結果、赤プロポリスは他の一般的なプロポリスに比べ約1.3倍もの量を含んでいることが分かっています。

引用:ニュースリリース2011|小林製薬株式会社 -あったらいいなをカタチにする-

また、通常のプロポリスに比べ抗酸化作用が2倍以上高く、さらに抗菌性においても通常のそれより高いことが判明しています。

引用:赤いプロポリスとは|赤いプロポリス,フラボノイド量は緑茶の650倍,日本スーパーエネジー

認知度、普及率ともに緑プロポリスに追いついていない赤プロポリスですが、このような部分が新たに見つかっていくのに伴い、注目度は高くなっていくでしょう。

特有の成分は緑プロポリスの方が多い

このように良いところの多い赤プロポリスですが、アルテピリンC、p-クマル酸など、プロポリスだけが持っている、免疫力を高めたり体の不調を改善していく有用な成分は、赤よりもむしろ緑プロポリスに多く含まれています

つまり、プロポリスならではの効果を最大限に得るためには、赤色と緑色、両方のメリットを生かして、バランスよく配合した製品をチョイスするとより効果が得られるといえるでしょう。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る