副作用

体に良いと言われるプロポリスですが、副作用はあるのでしょうか?摂取による体への反応についてまとめています。

プロポリス摂取による好転反応と副作用の違い

プロポリスは天然の素材からつくられる食品。「天然の抗生物質」とも言われるほどですが、本来は薬のように副作用を起こすことはありません。用法、用量を守って摂っていても、数時間から長くて数日、軽い頭痛や胃腸などの違和を感じる場合がありますが、これは東洋医学でいうところの「好転反応」で、副作用とは違って徐々に改善されていきます

しかし、体質により、ごくまれに体の調子を乱すことがあります。その場合、念のため医師に相談をして下さい。

体に良くても摂り過ぎにご注意

よくあるケースの一つは「摂り過ぎ」。体にいい食品だから、早く効果を実感したいからと、一度にたくさん摂ってしまった場合、体に負担をかけてしまうことになります。プロポリスに限らず、あらゆる健康食品やサプリにも共通していえることで、適度な量なら問題なかったはずが、急性アレルギー反応を起こす可能性も考えられます。あせらず、毎日続けて摂る。これが用法の基本です。

こんな場合は要相談!

服用を始めてから1週間以上不調が続く場合、また不調が強くなる場合は、服用を中止してください。特に何らかの食品アレルギーを持っている方は医師にご相談することをおすすめします。

また、妊娠中や授乳中の方の場合は、成分的に悪影響はないものの、体がデリケートな時期ですので、あまりおすすめできません。念のため、摂取を控えたほうが良いでしょう。

また、お子様にプロポリスを与えても成分的には問題ありませんが、大人と同じく、摂り過ぎには十分気を付けてご利用ください。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る