プロポリスの効果・効能の調査サイトTOP » プロポリスとは?飲む前に知っておきたい基礎知識

プロポリスとは?飲む前に知っておきたい基礎知識

人類が古代より薬として利用してきたプロポリス。そもそもプロポリスとは何かなど、知っておきたい知識をまとめています。

このカテゴリでは、プロポリスに含まれている有効な成分や、産地による違い、プロポリスと同じくミツバチから作られているローヤルゼリーとの違い、副作用の有無なども説明しています。

古代から健康のために利用されているプロポリスとは

4千万年以上前からハチはとても文化的な生活で生き残ってきました。造形的に美しく、しかも潰れない強い巣を作り、自然の材料を集めてローヤルゼリーやプロポリスを自分たちで開発し、活用していました。

古代の人々は、プロポリスの効果に気付き、薬として活用してきたことが分かっています。
主に、腫瘍、神経痛、皮膚病、潰瘍などの薬として使われ、古代ギリシアでは発毛剤としても知られていたのです。
また、強い抗炎症作用を持つことから、炎症や鎮痛剤としてアジア・ヨーロッパ・オセアニアなど広い範囲で利用されています。

薬以外としてはなんと、古代エジプト時代には、プロポリスをミイラの防腐剤として使っていたという記録が残されています。

それほどの歴史があるにも関わらず、最近になっても、成分については多くの謎が残っており、全容解明にはまだまだ研究が必要な状態です。
医学者も大注目のプロポリス。もしかして近い将来、ものすごい画期的な作用をもつ物質が発見されるかもしれませんね。

プロポリスの歴史

プロポリスは4000年前から民間薬として人々に利用されてきました。メソポタミヤ時代のピラミッドのミイラに防腐剤として使用、また中国の古書にはプロポリスを使用していたという記録も残っています。

15世紀までの南米ペルーのインカ帝国では、感染症に治療に使用されていたことがわかっています。さらに太平洋諸島では、自然薬品「カワカワ」として腹痛や炎症に使用されています。

1899~1902年の、南アフリカとイギリスのブール戦争には、負傷した際の治療薬として、ワセリンにプロポリスが混ぜ込まれ、塗り薬として使用されていた記録があります。

日本でプロポリスが知られるようになったのは、1985年に多くのプロポリス症例が報告された後に、さらに注目を浴びるようになりました。
その後、1991年に開催された「第50回日本癌学会総会」で国立予防衛生研究所と協和発酵東京研究所の研究グループが、抗ガン効果のある新たな化合物を発見した、という発表がありました。
プロポリスの有効成分や薬理作用が解明されていき、癌細胞の増殖を阻止する効果もあることが判明してきました。

こうしてブームになっていったプロポリスは、今でも多くの人に愛用されています。

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリス配合のサプリメントは多数販売されています。優秀なサプリメントを配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめています。

プロポリスサプリメントランキングを見る