みつばちがくれた最高の贈り物、プロポリス

プロポリスとはプロポリス(propolis)とは、みつばちの分泌液と、樹液や花粉などの植物性の物質の混合物のことです。

外で働いたみつばちが、蜂の巣の中にウイルスや有害な物質を持ち込まないように巣を守っているもので、 蜂ヤニともいます。

プロポリスは樹液、樹脂、花粉など、全て植物からできています。数万種類ともいわれる非常に多くの成分を含んでおり、その中で確認できているものは約300種類。

細胞を健康な状態に調節する作用が期待できるアルテピリンCや、p-クマル酸の他、アミノ酸、有機酸、鉄やマグネシウムなどの各種ミネラル類、またビタミンB1、B2、ビタミンE、葉酸など、多くの栄養をプロポリスで摂取することができるのです

その中でも注目したいのは、ポリフェノールのひとつである「フラボノイド」という成分。種類によってその特徴や作用は大きく異なりますが、プロポリスには実に40種類以上ものフラボノイドが含まれているのです。

ポリフェノールといえばその強力な抗酸化作用で有名ですが、フラボノイドにも強い抗酸化機能が備わっており、生活習慣病の予防やあらゆる健康効果をわたしたちにもたらしてくれるのです

プロポリスの抗酸化作用

私たちは「酸素を吸い込み、二酸化炭素を吐く」というように、日常的に呼吸をおこなうことでエネルギーを作り出しています。しかし、取り込んだ酸素の一部はエネルギーとしてではなく「活性酸素」として体に作用します。

活性酸素は、体内の病原体や毒物を排除することでも知られていますが、その酸化力から体の細胞までをも酸化させてしまいます。老化の原因となるばかりでなく私たちにあらゆる健康被害をもたらす要因となってしまうのです。

そこで近年、注目を浴びているのが「抗酸化作用」の力です。アンチエイジングという言葉で知られるとおり、抗酸化によりある一定の老化は防げることが分かっています。また、あらゆる病気に対しても酸化ストレスを抑えることで予防や改善に大きな期待ができるのです。

抗酸化作用は、ビタミン類を多く含む野菜・果物、セサミンのほか、赤ワインや緑茶に含まれる「ポリフェノール」という成分によりもたらされます。

そして注目すべきは、プロポリスによる抗酸化作用の力です。40種以上もの「フラボノイド」と呼ばれるポリフェノール成分が含まれ、その抗酸化作用は先ほど挙げた食品以上の強力な抗酸化作用を持っているとされているのです。

プロポリスに抗酸化作用があるという科学的実証例

では、プロポリスには本当に活性酸素をおさえる抗酸化の力があるのでしょうか。以下は、プロポリスが体にもたらす効果を立証する実験の概略となっています。

 
【ケース1】~激しい運動時に発生する酸化ストレスへのプロポリスの影響~
目的 日常生活において活性酸素は、私たちが本来備えている抗酸化作用をもつ酵素のみで解消している。
しかし、激しい運動などにより活性酸素が増えることで、血中のタンパク質成分である血清アルブミンが「酸化型アルブミン」に変化し、酸化ストレスから体を守ろうとする。
アルブミンのその特性を活かし、激しい運動時のプロポリスの摂取・非摂取による酸化型アルブミンの割合の変化を見る。
※酸化型アルブミンの割合とは?
酸化型アルブミン/(酸化型アルブミン+還元型アルブミン)で求められ、%であらわされます。また還元型アルブミンとは、酸化されていないアルブミンのこと。
【ポイント】
酸化型アルブミンの割合が高いほど酸化ストレスが多い証拠。プロポリスを摂取した場合とそうでない場合の、数値の違いに注目しましょう。
実験方法 被験者:運動部11名(内5名にプロポリスの実薬、6名に儀薬を連日摂取してもらう)
測定期間:合宿練習5日間(初日、2日目以降の練習前後および、最終日の回復期朝・夕)
測定:血中のアルブミン量を測定
結果
  初日 2日目
練習前
2日目
練習後
3日目
練習前
3日目
練習後
4日目
練習前
4日目
練習後
5日目
5日目
プロポリス摂取 25.4% 24.7% 30.5% 26.0% 29.5% 26.9% 29.5% 23.9% 16.8%
非摂取 25.2% 24.1% 36.6% 28.8% 33.9% 30.3% 37.0% 27.4% 19.7%
練習が開始された2日目以降、酸化型アルブミンの割合に大きな差が生じた。プロポリスを摂取することで激しい運動下においても酸化型アルブミンの増加を抑え、酸化ストレスのダメージを軽減し、抗酸化作用が働いているという結果が得られた。
 
【ケース2】~プロポリスを用いた喫煙に対する肺機能改善と抗酸化効果の実験~
目的 煙草には約 200 種類の有害物質が含まれ、血流低下・老化を引き起こす原因となる活性酸素を高める。プロポリス摂取が、喫煙による肺機能の低下と活性酸素の上昇にどのような効果をもたらすのか。
【ポイント】
両マウスとも喫煙状態にあるなかで、それぞれのマウスの「活性酸素分解酵素の活動」「抗酸化能力」「肺機能」に注目。
実験方法 被験体:実験用マウス(Aボックスにはプロポリスを摂取したマウスBボックスには非摂取のマウスを用意)
測定期間:7日間(1日につき7時間の喫煙状態)
測定:機器と試薬を用いた活性酸素を分解する酵素の測定および抗酸化能力測定、肺細胞組織染色方法
結果
細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素を測定。Bボックスのマウスの酵素は著しく低下しているのに対し、Aボックスのマウスの酵素には有意な活性を確認できた。
抗酸化能力に関しても、プロポリスを摂取したAボックスのマウスに優位性が見られ、抗酸化能力の向上が活性酸素を分解する酵素に働きかけているという結果が得られた。
また、肺細胞組織には両マウスともに喫煙による鬱血状態が見られたが、プロポリスを摂取していないBボックスのマウスは肺気腫および肺胞壁の破壊が生じており、肺細胞の空隙が広かった。一方、プロポリスを摂取したマウスは、炎症こそ起こしているものの、肺細胞・肺機能ともに正常状態だった。

これら2つの実験結果を見ると、具体的にプロポリスがどういった健康効果と抗酸化作用を持っているのか、お分かりになられるかと思います。このように、プロポリスの有用性は、科学的な実験からも証明されているのです。

プロポリスに期待できる効果

プロポリスは古代から現代まで、薬や健康を助ける食品として扱われてきました。主に以下のような様々な効果に期待ができます。

img img img
疾病 免疫力 未病
低血圧 かぜ アンチエイジング
蓄膿症 花粉症 気分の落ち込み
リウマチ アトピー 肥満・メタボ
胃炎 インフルエンザ 女性特有の悩み
糖尿病 歯周病・口内炎 薄毛
腫瘍 - -

しかし、その実態はまだ解明できていない部分も多くあります。数多くの研究がなされている中、プロポリスを摂取する際にはどんな点に注意すべきなのでしょうか。

万能なプロポリス~その副作用は?

これほどまでに様々な効果に期待ができるプロポリス。いざ飲用をはじめるにあたって気になるのは副作用の問題ですよね。しかし、さまざまな事例や研究を見ても、プロポリス飲用によって引き起こされる副作用は確認されていません

ただし、まれに「好転反応」といわれるような、体調がよくなる直前に起こる一過性の症状が出る方もいらっしゃいます。主な症状は「体のだるさ」「熱っぽさ」「頭痛」「腹痛」「かゆみ」「湿疹」など。体の不調な部分が強く表に出る方もいらっしゃいます。

数時間~数日で改善されることがほとんどですが、一時的に飲用量を減らしたり使用を中断し、症状がおさまってから徐々に飲用量を戻すか、医師に相談をしましょう。

また、天然由来の食品となるため、アレルギーを発症する可能性があります。アレルギー体質であったり蜂アレルギーを持っている場合には注意が必要です。妊婦の方や授乳中、乳児への安全性に対する十分なデータも現在報告されていないため、安全のために飲用は控えるべきでしょう。

以上が飲用に際して注意すべきポイントになりますが、主だった副作用もなく、安心・安全に健康効果に期待ができるのがプロポリスです

何よりも抗酸化作用は、私たち人間が健康な日々を送るために必要不可欠なものです。

さまざまな健康食品・食材が注目される中、科学的にもその効果が立証され、あらゆる効果に期待ができるプロポリスを飲用しない手はないといえるでしょう。

 

プロポリスサプリメントの選び方

プロポリスサプリメントの選び方現在、多くのプロポリスサプリメントが販売されていますが、どれも同じではありません。

産地や抽出方法によって、有効成分は大きく左右されるからです。また、一般的な緑プロポリスと希少価値の高い赤プロポリスでも、含まれている成分が異なります。

効果を期待するには、本当に優秀なプロポリスサプリメントを選びたいのです。

このサイトでは、配合量・産地・成分抽出方法などを比較してランキング形式にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。